戸建住宅で不動産投資をする際に覚えておきたいこと

戸建住宅で不動産投資をする際に覚えておきたいことをまとめました

Monthly Archives: 10月 2016

注意点も覚える


中古の戸建て物件を購入する注意点としては、建物の老朽化という問題が顕著に表われる可能性があるということが挙げられます。老朽化に多いものをまとめると、シロアリ被害と基礎部分の傷み、配管の老朽化といった3点が挙げられます。目に見える壁や屋根といった部分ならばすぐに気付くことができますが、基礎部分などに問題があるとなかなか見分けることは難しいものです。

 

そのため、物件を購入しても、すぐに貸せるような状態にはできず、修繕に要する費用が高くついてしまうというリスクが発生してしまう可能性があるかもしれないのです。さらに木造の物件ならば、シロアリや害虫が建物を蝕んでいる可能性もあり、貸すまでの間に駆除の必要があるかもしれないことを覚えておきましょう。

 

また、リフォームを前提に中古物件を購入するならば、リフォームにかかる時間についても計算に入れておく必要があります。つまり傷みが酷ければ酷いほどリフォームに要する時間も長期化することになり、その分家賃収入が得られないことを考えると、リスクもそれなりに高くなるかもしれないということです。

 

新築の一戸建て住宅を購入して貸し出すのであれば、施工ミスが無い限りはこれらの注意点は無くなります。しかしながら初期費用が高くなってしまうため、一概に中古物件の方が良いと言うこともできません。どちらにも利点とリスクがあることを頭に置いて、賢く不動産投資しましょう。

戸建住宅購入の長所


一戸建て住宅の中古物件へと投資するメリットは需要と利益、修繕についての3つが挙げられます。

 

まず需要についてです。マンションやアパートなどの場合には、駅から近く、交通の便が良い場所が好まれるという傾向があり、そのため地方や郊外などの物件では、借りてくれる人が少なく、利益が出ないというリスクがあります。しかし、戸建住宅ならば駅から離れていても借りてくれる人が多いため、空き家になってしまうリスクが低いという利点があります。部屋が空いてしまうと、固定費だけが発生してしまい、赤字になってしまいますので、需要があるというメリットはとても重要となります。

 

次に利益についてですが、戸建住宅を借りる人は長く住み続けてくれるという傾向があります。そのため、頻繁に入居者を探す手間を省くことができ、長く安定して利益をえることができます。こちらも、需要と同様に空き家になるリスクが軽減されていることによるメリットと言えます。

 

最後に修繕についてですが、戸建住宅は管理人1人の意思によって建物の修繕を行うことができます。これは中古物件での投資によって得られるものの中でも最も大きいメリットと言えるでしょう。リフォームの工事をしたいけれど、住民達の意思によって施工できない、といった事態が発生しにくく、ケースバイケースで柔軟に対応ができるため、自由度が高いという特徴を持っているのです。

不動産投資は戸建にすべき?


住宅を購入する際には一戸建てにするか、それともマンションにするかという選択に迫られることになり、それぞれにメリットもデメリットもあるため、なかなか決断を下せないという悩みがありますが、これは不動産投資においても同様のことが言えます。

 

マンションの一室やアパート1棟を丸々購入し、運用していくという投資の仕方なのか、それとも地方にある一戸建ての住宅を買い取って運用する投資法を選ぶのかは、それぞれにメリットとデメリットがあるため、慎重に選択していく必要があります。投資を始めてから後悔しないためにも、まずはそれぞれの特徴について覚えておいて、あらゆるシーンを想定して投資するようにしましょう。

 

戸建投資と呼ばれる不動産投資は、一戸建て住宅を買い取り、その住宅を誰か貸すことによって家賃収入を得るという投資方法です。戸建投資を始める一般的な流れとしては、中古物件を購入してリフォームを行い、綺麗な状態になってから、契約してくれる人を探して借りてもらうというフローになります。これは戸建投資に限った話ではなくアパートやマンションを購入するという投資方法でもほとんど変わりません。

 

もちろん新築の物件を購入するという投資法もありますが、こちらの場合には初期費用がかかり過ぎてしまうという可能性があるため、近年では中古物件への投資が主流となっています。新築物件を購入する場合と中古物件を購入する場合のそれぞれにも長所と短所がありますので、こちらもよく吟味しておく必要必要があります。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress