戸建住宅で不動産投資をする際に覚えておきたいこと

戸建住宅で不動産投資をする際に覚えておきたいことをまとめました

不動産投資は戸建にすべき?


住宅を購入する際には一戸建てにするか、それともマンションにするかという選択に迫られることになり、それぞれにメリットもデメリットもあるため、なかなか決断を下せないという悩みがありますが、これは不動産投資においても同様のことが言えます。

 

マンションの一室やアパート1棟を丸々購入し、運用していくという投資の仕方なのか、それとも地方にある一戸建ての住宅を買い取って運用する投資法を選ぶのかは、それぞれにメリットとデメリットがあるため、慎重に選択していく必要があります。投資を始めてから後悔しないためにも、まずはそれぞれの特徴について覚えておいて、あらゆるシーンを想定して投資するようにしましょう。

 

戸建投資と呼ばれる不動産投資は、一戸建て住宅を買い取り、その住宅を誰か貸すことによって家賃収入を得るという投資方法です。戸建投資を始める一般的な流れとしては、中古物件を購入してリフォームを行い、綺麗な状態になってから、契約してくれる人を探して借りてもらうというフローになります。これは戸建投資に限った話ではなくアパートやマンションを購入するという投資方法でもほとんど変わりません。

 

もちろん新築の物件を購入するという投資法もありますが、こちらの場合には初期費用がかかり過ぎてしまうという可能性があるため、近年では中古物件への投資が主流となっています。新築物件を購入する場合と中古物件を購入する場合のそれぞれにも長所と短所がありますので、こちらもよく吟味しておく必要必要があります。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress